優良企業の求人情報を見極める方法としては、求人情報サイトの活用がオススメです。

逆にあまりオススメ出来ない求人情報がハローワークの求人情報です。

ハローワークにある求人情報には企業が無料で求人掲載できるので、採用する気がない企業や補助金目的の経営状態が良くない企業が求人情報を掲載している場合が多く、ブラック企業の比率も高いのでハローワークの求人情報に応募する際は厳選してから応募して下さい。

それに対し、求人サイトへ企業が求人掲載する場合は数十万から百万円以上の掲載費用が掛かります。

費用を掛けてでも本気で採用したいと考えている優良企業が、求人サイトへ掲載する傾向が高いです。

求人サイトの求人情報を利用するメリット

  • 大手・中小の優良企業による募集が多い。
  • 募集している会社にブラック企業が比較的少ない。
  • 比較的金銭的に余裕のある企業が掲載している比率が高い。
  • 実際に人手を必要としている企業が求人掲載している。
  • 年収400万円以上の求人情報が比較的多い。

求人サイトの求人情報を利用するデメリット

  • 応募者が多く競争が激しい。
  • 採用まで時間が掛かるケースが増える。

知識に関する関連記事

失業保険をもらう最初の手続き

失業保険をもらう為には、退職した会社から離職票を受け取った後に、最初の手続きとなる「雇用保険の受給手続き(求職申込み)」を行う必要があります。 初めての手続きの際はどのように手続きを行えば良いか分からず、二の...

国民年金の保険料を軽減

一般的な会社員であれば給与天引きされて厚生年金の保険料を納めており、厚生年金に加入している事で、20歳以上60歳未満の方へ国が加入を義務づけている「国民年金」の第2号被保険者になっています。 しかし、失業中は...

失業保険を受給中の就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。...

就職に関する関連記事

失業保険を受給中の就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。...

就業促進定着手当

再就職すると前職より待遇が悪かったり、同等の雇用条件であっても試用期間があるなどの理由により、前職の給与より低くなったなんて話はよくあります。 しかし、早期再就職して再就職手当をもらった人は、下がった給与差額...

ハローワークで転職活動

ハローワークについて ハローワークとは厚生労働省が設置する公共職業安定所の愛称です。 失業した際の失業保険の受給手続だけではなく、就職についての相談・指導、適性や希望にあった職場への職業紹介、職業訓練の...