転職エージェントとは

転職エージェントは、直接雇用の正社員などの職業紹介、斡旋を手掛けている民間の人材紹介会社です。

正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社の事をいい、一般的に「人材紹介会社」や「人材バンク」とも呼ばれたりします。

基本的に転職希望者と人材を求める企業をマッチングさせる会社の為、転職希望者に対して、求人情報の提供から面接日時等の調整、採用条件等のとりまとめ、入社日の調整など一連の転職活動を無料でサポートしてもらえます。

また、単に転職の斡旋だけではなく転職希望者に専任のキャリアコンサルタントがアドバイスを行い、適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供、職務経歴書の書き方、面接突破のための指導・対策など充実した転職活動サポートを提供してくれる会社もあります。

メリット

転職エージェントから紹介される求人情報は以下のメリットが挙げられます。

  • 大手・中小の優良企業による募集が多い
  • 年収400万以上の募集が多い
  • 募集している会社にブラック企業が比較的少ない
  • 転職サイトに掲載されない非公開求人などを多く扱っている

デメリット

転職エージェントから紹介される求人情報は以下のデメリットが挙げられます。

  • 応募要項の学歴やスキルなどの条件が比較的高い
  • 採用までの選考が長い

こういう人にオススメ

転職エージェントを利用した転職活動は以下のデメリットが挙げられます。

  • 資格やキャリアを生かした再就職を行いたい方
  • キャリアアップの意欲がある方
  • 給与や条件面に対して妥協したくない方

採用までの流れ

  1. サイトから会員登録して求職支援サービスを申し込む 申込した時の内容から、転職エージェントが該当する求人状況を調べる。

  2. 求人状況の確認、サービスの連絡 申込み後、しばらくすると今後のサービスについての説明連絡が電話もしくはメールで来る。

  3. キャリアアドバイザーと面談・相談 専任のキャリアアドバイザーが、これまでの経験や希望について対面もしくは電話で確認し、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えてくれる。

  4. 求人紹介・書類添削・面接対策 最適な企業を紹介される。また、応募の前に書類の添削や面接対策も行ってくれる。

  5. 応募・書類選考・面接 応募したい企業が決まったら、キャリアアドバイザーが企業に推薦してくれる。また、面接日の調整や条件交渉なども代行してもらえる。キャリアアドバイザーから多くの求人案件が紹介されますが、いいと思う企業がなければ応募する必要はないです。

  6. 内定・入社 言い出しづらい条件の交渉、入社日の調整もキャリアアドバイザーが代行してくれる。

知識に関する関連記事

失業保険を受給中の就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。...

再就職手当が100万円!

再就職手当とは早期再就職の促進を目的に作られている制度で、失業保険(雇用保険の基本手当)を貰っている人が、早期に安定した職業に就いた場合や事業を開始した場合に一括で支給される手当の事を再就職手当といいます。 ...

事業所の業務が法令に違反したことなど正当な理由による自己都合退職とは

「事業所の業務が法令に違反したことなど正当な理由による自己都合退職」の内容について解説します。 正当な理由のない自己都合退職の場合は失業保険(失業給付)を受給する際に一般受給者となり給付制限があるため、失業保...

就職に関する関連記事

ハローワークで転職活動

ハローワークについて ハローワークとは厚生労働省が設置する公共職業安定所の愛称です。 失業した際の失業保険の受給手続だけではなく、就職についての相談・指導、適性や希望にあった職場への職業紹介、職業訓練の...

失業保険を受給中の就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。...

就業促進定着手当

再就職すると前職より待遇が悪かったり、同等の雇用条件であっても試用期間があるなどの理由により、前職の給与より低くなったなんて話はよくあります。 しかし、早期再就職して再就職手当をもらった人は、下がった給与差額...