ハローワークについて

ハローワークとは厚生労働省が設置する公共職業安定所の愛称です。

失業した際の失業保険の受給手続だけではなく、就職についての相談・指導、適性や希望にあった職場への職業紹介、職業訓練の斡旋など、基本的に再就職を支援行政機関です。

失業保険を受け取る気がなくても再就職手当など失業した場合に給付される制度等もあるので、失業した際はハローワークで雇用保険の受給手続きは行いましょう。

ハローワークの求職者向けサービス

ハローワークで行われる求職者向けの主なサービスは以下の通り。

求職手続き
求職申込み、職業相談、職業紹介
雇用保険手続き
失業等給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付(高年齢者雇用継続、育児休業、介護休業)
その他のサービス
就職・仕事に関する情報提供、就職に必要な資格・経験・職業訓練コース等の情報提供

ハローワークの求人情報を使うメリット

ハローワークの求人情報を利用した場合転職活動は以下のメリットが挙げられます。

  • 応募要項の学歴やスキルなどの条件が比較的低い
  • 採用までの選考が短い

ハローワークの求人情報を使うデメリット

ハローワークの求人情報を利用した転職活動は以下のデメリットが挙げられます。

  • 大手・中小の優良企業による募集が少ない
  • 年収400万以上の募集が少ない
  • 募集している会社にブラック企業が比較的多い

こういう人にオススメ

ハロワークを利用した転職活動は、今まで専門性のある仕事をしていた人にはキャリアアップとなる就職に繋がりにくいのが現状です。
しかし、これからキャリアを積んでいく人など以下の方にお勧めです。

  • 未経験から正社員を目指す方
  • 職業訓練を受講し、資格やスキルを身につけたい方
  • 学歴、資格、職歴や年齢などで就職が不利と考えている方

手続きに関する関連記事

失業保険受給までの手続きの流れ

退職理由が会社都合と自己都合では、基本的な手続きの流れは変わりません。 しかし大きく異なる点は、自己都合の場合は3ヶ月の給付制限がある為、給付開始時期が大きく異なります。 また、実際の失業保険の給付は、...

離職票をもらう際の注意点

離職票は退職した会社から郵送もしくは手渡しで退職者本人に渡される書類で、失業保険(雇用保険)の受給手続をする際に必要となる書類です。 失業保険は退職日からもらえる訳ではなく、雇用保険の受給手続きが遅くなった日...

失業保険を受給中の就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。...

知識に関する関連記事

離職票をもらう際の注意点

離職票は退職した会社から郵送もしくは手渡しで退職者本人に渡される書類で、失業保険(雇用保険)の受給手続をする際に必要となる書類です。 失業保険は退職日からもらえる訳ではなく、雇用保険の受給手続きが遅くなった日...

失業保険が貰える日数が決まる条件

失業保険がもらえる最長の日数の事を「所定給付日数」といいます。 失業保険がもらえる日数を左右する3つの条件 この所定給付日数は、以下の3つの状況により日数が変動します。 直近の離職理由 ...

雇用保険被保険者証とは

雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入した際に発行される書類で、雇用保険に加入していることを証明する証書です。 給与明細などを確認して、「雇用保険」や「雇用保険料」の名目で給与から天引きされていれば雇用保険に...

就職に関する関連記事

失業保険を受給中の就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。...

転職エージェントで転職活動

転職エージェントとは 転職エージェントは、直接雇用の正社員などの職業紹介、斡旋を手掛けている民間の人材紹介会社です。 正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした...

就業促進定着手当

再就職すると前職より待遇が悪かったり、同等の雇用条件であっても試用期間があるなどの理由により、前職の給与より低くなったなんて話はよくあります。 しかし、早期再就職して再就職手当をもらった人は、下がった給与差額...